AirPods ProをiOS12で使用しているのでレビューする

AirPods Pro

AirPods Pro を購入してしばらく経ちました。私はアプリの都合上、まだ iOS を 13 に更新しておらず iOS12.4.1 を使用しています。AirPods Pro を iOS12 で利用した場合は制限がありつつも使えてはいるのですが、どのような使用感になるかを紹介します。

目次

  1. 初回接続
  2. ノイズキャンセリングの切り替えは Bluetooth の設定から
  3. 外部音取り込みモードの切り替えは本体のセンサーを長押し
  4. バッテリー残量はウィジェットかコントロールセンターから確認できる
  5. イヤーチップ装着状態テストが実施できない
  6. 充電ケースのカバー

初回接続

iPhone が近くにある状態で AirPods Pro の蓋を開けると、以下のような画面が表示されます。表示されない場合はバッテリーケースの裏にあるボタンを長押しします。

AirPods Pro初回接続

「機能が限定されたままで設定する」をタップすると、ほどなくして接続状態になります。

ノイズキャンセリングの切り替えは Bluetooth の設定から

ノイズキャンセリングの切り替えは iOS の Bluetooth の設定から行うことができます。

設定 > Bluetooth > AirPods Pro の右端の青い情報アイコンをタップします。

AirPods Pro Bluetooth

詳細画面でノイズキャンセリングのオンオフが設定ができます。

iOS12のAirPods Pro設定画面

設定から切り替えられるのは上記の画像に表示されているように、名前とマイクとノイズキャンセルの設定だけです。

外部音取り込みモードの切り替えは本体のセンサーを長押し

AirPods Pro センサー

iOS12 では、AirPods の装着中に、左右いずれかの AirPod の感圧センサーを長押しすることで、ノイズキャンセリングと外部音取り込みモードを切り替えられます。iPhone 側では切り替えができず、AirPods 本体を操作する必要があります。

切り替えに成功すると、AirPods でカチっと押し込んだ感覚とともに、サウンドが鳴ります。

バッテリー残量はウィジェットかコントロールセンターから確認できる

充電ケースと AirPods のバッテリー残量は、AirPods Pro と iPhone が Bluetooth で接続された状態で AirPods Pro を充電ケースにしまい、ケースの蓋を空けた状態でホーム画面から左にスワイプしたときに表示できるウィジェットで確認できます。

AirPods Pro バッテリーウィジェット

AirPods 本体のバッテリー残量は、コントロールセンターのミュージックからも確認できます。

iOS12 コントロールセンター ミュージック

iOS12 コントロールセンター ミュージック

イヤーチップ装着状態テストが実施できない

iOS 13 には、AirPods Pro のイヤーチップがきちんと耳に合っているか調べてくれる機能がありますが、iOS 12 ではこの機能がありません。これが地味に痛い。

イヤーチップ装着状態テスト

私は AirPods Pro を購入してからしばらくイヤーチップが耳にフィットしていない状態で使っていて、違和感を感じていました。iOS12 で使っている場合の思わぬ落とし穴だと思います。

このことは別の記事にしました。

耳にフィットしたイヤーチップを選択することは AirPods Pro を快適に利用する上でとても大事です。家族や友人に iOS13 を使っている方がいる場合は相談してみましょう。アップルストアでも相談に乗ってくれると思います。

充電ケースのカバー

充電ケースは滑って落とすのが心配だったのと、普通に使っていても傷だらけになるので、最初からケースをつけています。シリコン素材で滑り止めになり、LED ライトも透けて見えるので特に不満はありません。