お名前.com のDNSを設定し、VPSに独自ドメインでアクセスする

centos
お名前.com VPS メモリ2G プランに Nginx で WordPress を構築するメモ、第11回目。前回はお名前.com VPS にNginxでWordPressを構築。設定の意味もまとめたでした。
今回は、お名前.com の DNS を設定し、お名前.com VPS に独自ドメインでアクセスする方法をまとめます。
これまでの記事へのリンクはお名前.comのVPSに引越しました。引越し手順、他社 VPS との比較などにまとめてあります。


目次

  1. ネームサーバを設定
  2. ドメインに A レコードを設定する

ネームサーバを設定

ネームサーバの変更を選択

  1. ドメインNavi にログインし
  2. 上部のメニューから「ドメイン設定」を選択
  3. ネームサーバーの設定から「ネームサーバの変更」を選択

select-name-server

VPS(KVM) を選択

「お名前.com サービス利用」タブの「VPS(KVM)」を選択します。
select-kvm

ネームサーバ設定確認

ネームサーバに 「01.dnsv.jp」「02.dnsv.jp」が設定されていることを確認して次へ進み、完了します。
confirm-name-server

ドメインに A レコードを設定する

DNS関連機能の設定を選択

  1. ドメインNavi 上部のメニューから「ドメイン設定」を選択
  2. ネームサーバーの設定から「DNS関連機能の設定」を選択

select-dns-setting

DNSレコード設定を利用する を選択

DNSレコード設定を利用する を選択します。
select-dns-record

レコードを設定

A レコードに FQDN と お名前.com VPS のグローバル IP を入力。このブログの設定はこんな感じ。
setting-dns-record
A レコードの設定変更が全体に行き届くのは2時間後くらいです。徐々に変わっていくので待ちましょう。

終わりに

お名前.com VPS に独自ドメインでアクセスする方法をまとめました。
11回に渡り紹介した お名前.com VPS の WordPress 構築は今回で最後となります。これから お名前.com VPS でサイトを立ち上げる方の参考になれば幸いです。