Windowsの変換・無変換キーでIMEの有効無効をMac風に操作する

MacBookキーボード
MacBook Airを購入してしばらく経ちました。MacBook Airが初めてのMacだった私ですが、スペースキーの両隣にある「英数」「かな」キーによる IME の切り替えがあまりに心地よいため、Windowsの「変換」「無変換」キーで同じようにできないか調べてみました。
いろいろ試した結果、IMEの設定でやりたいことが実現できたので、設定方法を紹介します。Microsoft Office IME、Microsoft IME、Google日本語入力の順番に説明します。
英語キーボードの方は左右のAltでIMEを操作するツールを作ってみたのでお試しください。
Windowsの左右Altの空打ちでIMEをOFF/ONするツールを作った


目次

  1. IMEの設定を変更して無変換・変換にIMEのオフ・オンを割り当てる
  2. Microsoft Office IMEの場合
  3. Microsoft IMEの場合
  4. Google日本語入力の場合

IMEの設定を変更して無変換・変換にIMEのオフ・オンを割り当てる

コントロールパネルを開き、「キーボードおよび入力方法の変更」をクリック
controlpanel_keyboard
「キーボードと言語」タブをクリックして、「キーボードの変更」ボタンをクリック
controlpanel_keyboard_edit
これより先は、IMEによって手順が異なります。
Microsoft Office IMEMicrosoft IMEGoogle日本語入力の順に紹介します。

Microsoft Office IMEの場合

「Microsoft Office IME」をクリックして、「プロパティ」をクリック
ms-office-ime1
「全般」タブをクリックして、「編集操作」「キー設定」の「変更」ボタンをクリック
ms-office-ime2
「無変換」キーの「入力/変換済み文字なし」欄をダブルクリックし、「IME-オフ」を選択
「変換」キーの「入力/変換済み文字なし」欄をダブルクリックし、「IME-オン」を選択
ms_ime_edit
OKボタンをクリックして変更を確定します。

Microsoft IMEの場合

「Microsoft IME」をクリックして、「プロパティ」をクリック
ime_select_ms
「編集操作」タブをクリックして、「キー設定」の「変更」ボタンをクリック
ms_ime
「無変換」キーの「入力/変換済み文字なし」欄をダブルクリックし、「IME-オフ」を選択
「変換」キーの「入力/変換済み文字なし」欄をダブルクリックし、「IME-オン」を選択
ms_ime_edit
OKボタンをクリックして変更を確定します。

Google日本語入力の場合

「Google 日本語入力」をクリックして、「プロパティ」をクリック
ime_select_g
キー設定の選択を「カスタム」に変更して「変更」ボタンをクリック
g_ime
「編集」ボタンをクリックして「定義済みのキーマップからインポート」の中にある「MS-IME」をクリック
g_ime_import
「直接入力」モード、「Henkan」キーのコマンドをダブルクリックして「IMEを有効化」を選択
「入力文字なし」モード、「Muhenkan」キーのコマンドをダブルクリックして「IMEを無効化」を選択
g_ime_edit
OKボタンをクリックして変更を確定します。
以上です。変換・無変換キーで IME のオン・オフができるようになります。

関連記事