karakaram-blog

独特の矢印キーは怖くない!HHKB Professional2 Type-S レビュー

 ツイート 5  シェア 11  Google+1 0  Hatena 5

HHKB Professional2 Type s

これまで 4 年間、仕事で使うキーボードに 東プレの Realforce91UBK-S 日本語配列 を使ってきましたが、手持ちの Mac を英語配列に買い替えたことをきっかけに、PFU Happy Hacking Keyboard Professional2 Type-S 白(英語配列) に買い替えました。高価でしたが、すごく良いキーボードだったのでレビューを残しておきます。購入を検討されている方の参考になれば。

目次

  1. コンパクト
  2. 入力しやすく、タイプミスが少ない
  3. 打鍵音が心地よく、静か
  4. 独特の矢印キーは怖くない
  5. 英語配列キーボードのいいところ
  6. 左 Shift の横に Fn が欲しかった
  7. 私の HHKB のカスタマイズ

コンパクト

HHKB とパームレスト、マウス

HHKB はとてもコンパクトなキーボードです。フォームポジションからサッと右に動かすだけでマウスに手が届きます。

上の写真は私の仕事場のキーボード周りの写真。トラックボールマウスを使っていて、ホームポジションから右に水平に移動させたところにマウスを置いています。トラックボールマウスとの相性は抜群ですね。机が広くなります。

キーボードの下の FILCO のパームレストは木製で、ソフトなさわり心地と汗のかきにくさが気に入っています。柔らかいパームレストはどれもしっくりこなかったのですが、これは当たりでした。

入力しやすく、タイプミスが少ない

なぜか正確に入力できるキーボードです。キーの数が少ないためか入力間違いが少なく、ひとつひとつのキーを高速に狙い撃ちしている感覚を覚えます。東プレの Realforce91UBK-S 日本語配列 のときはキータッチが軽すぎたせいか、結構な頻度でタイプミスをしていましたが、このキーボードに変えてからはタイプミスが激減しました。

キータッチの感覚は説明が難しいですが、キーの押し始めに若干の抵抗を感じ、その後は軽く、ストンと一気に底まで落ちる感じです。キーストロークはやや浅め。軽いタッチで入力できて、長時間入力していても疲れにくいです。キーボードの傾斜具合もほどよく、上段の数字キーがすごく近くに感じます。

打鍵音が心地よく、静か

打鍵音は「シャキシャキ」「コトコト」「パコッ」といった音です。入力していて楽しくなる、いい音です。

HHKB Professional2 の存在感のある「コツコツ」「パチパチ」音を知っている方は、静かさに驚くことでしょう。それぞれのキーの音が微妙に違っていて、入力していると独特のリズムが生まれます。これがまた心地いいです。

HHKB Professional2 と比べ周囲への音の影響は軽減されましたが、 Realforce の静音タイプ と比べると音は大きいと思います。

独特の矢印キーは怖くない

HHKB Professional2 は単独の 矢印 キーがなく、Fn と組み合わせることで 矢印 を利用できます。仕事で使用するにあたり、この矢印キーを使いこなせるかとても不安でしたが、心配無用でした。矢印 を押すときの右手のホームポジションを下の画像のようにすることで、問題なく押せるようになりました。

HHKB Professional2 右手ホームポジション

右手の小指を Fn キーに置くと、自然と 矢印 キーの近くに人差し指と中指が置かれると思います。矢印 を押すときのホームポジションをこの形にしておいて、押したいキーに応じて指をスライドさせます。 は中指、 は人差し指、PageUP / DownHome / End は人差し指で押しています。慣れるまで 3 日くらいかかりましたが、今では問題なくブラインドタッチできています。

矢印 を押すときにずっと Fn を押していると手がプルプルしてくるので、矢印 を押すときだけ Fn + 矢印 のように押すと楽です。

英語配列キーボードのいいところ

語り尽くされているとは思いますので私が特に良いと思っていることを簡単に。あとは使ってみれば分かります。

  • ホームポジションの位置が中央に近い(JIS は左寄り)
  • Enter キーがホームポジションから近い
  • 記号の位置が直感的
  • 記号の位置がホームポジションから近くに感じる
  • プログラミングでよく使うシングルクォートやイコールの記号が Shift 不要で入力できて楽

左 Shift の横に Fn が欲しかった

このキーボードには兼ね満足していますが、1 点だけ不満が。左 Shift の横に Fn が欲しかったです。一応、背面スイッチを切り替えることで Space の左側のキーに Fn を割り当てることができますが、私はこのキーに AltWindows を割り当てています。現状、右側にしか Fn がないので F6F7 が非常に押しづらいです。

私の HHKB のカスタマイズ

私の HHKB のカスタマイズ方法は以下の記事にまとめました。参考にどうぞ。

おわりに

少し値は張りましたが、いい買い物をしました。これから数年間、苦楽を共にしてくれることでしょう。キーボードは毎日使うものですので良い物を選びたいですね。

HHKB BT のレビューも書きました

キーボードがもう一つ必要になり、HHKB BT を購入したので Type-S と使い比べた感想を書いてみました。

 ツイート 5  シェア 11  Google+1 0  Hatena 5