Ubuntu12.04にGoogle日本語入力「Mozc」をインストールする

 ツイート 1  シェア 2  Hatena 0

keyboard-mac

Ubuntu12.04のデフォルトIM「Anthy」が残念な感じなので、普段WindowsやMacで使用しているGoogle日本語入力のオープンソース版「Mozc」をインストールしました。

WindowsやMac版とは異なり、流行語やマニアックな変換には対応していないようですが、Anthyに比べて入力のストレスはかなり軽減されました。

おまけで、無変換、変換キーを使用してMac風にIMを操作する方法も紹介します。

動作確認環境

  • Ubuntu12.04

目次

  1. Mozcのインストール
  2. Mozcを有効にしてAnthyを無効に
  3. 無変換、変換キーでMac風にIMを操作

Mozcのインストール

  1. Ubuntuソフトウェアセンターで Mozc を検索
  2. Mozc engine for IBus をインストール

インストールが完了したら再起動します。

Mozcを有効にしてAnthyを無効に

mozc-im

下記の手順でMozcを有効化します。

  1. 画面右上のキーボードのアイコンを右クリック > 設定 > インプットメソッド
  2. 使用するインプットメソッドをカスタマイズ にチェック
  3. Mozcを選択 > 上へ をクリックしてMozcを一番上に移動
  4. Anthyを選択 > 削除 をクリック

インプットメソッドにMozcが見つからない場合は、「使用するインプットメソッドをカスタマイズ」の下にあるプルダウンリスト > 日本語 > Mozc > 追加 ボタンクリック の手順でインプットメソッドにmozcを追加できます。削除したAnthyを再度有効にしたい場合も同じ手順で。

無変換、変換キーでMac風にIMを操作

mozc-general

無変換キーでIMをOff、変換キーでIMをOnできるように設定します。Mac風にIMを操作できて快適です。

  1. 画面右上のキーボードのアイコンを右クリック > 設定 > 一般
  2. 切り替え > 半角/全角キーを割り当て
  3. 有効 > 変換キーを割り当て
  4. 無効 > 無変換キーを割り当て
 ツイート 1  シェア 2  Hatena 0