karakaram-blog

Ubuntu12.04のVimでIMの切り替えを改善する

 ツイート 0  シェア 0  Google+1 0  Hatena 4

vim-logo

この記事では、Ubuntu12.04のVimで日本語入力固定モードを利用し、IMの切り替えを改善する方法を紹介します。

UbuntuのVimでファイルを編集していて困るのが、IMの切替です。ノーマルモードとインサートモードを行き来する際、IMの状態に悩まされる方は多いのではないでしょうか。

私はこのIM切り替え問題を、im_control.vim プラグインが提供する「日本語入力固定モード」で解決しています。もう、このプラグインなしでは生きていけません。

下記のようにIMを制御する方法を紹介します。

  • 挿入モードからノーマルモードに移行した時に、IMを自動でOffする。
  • Ctrl + j キーで日本語入力固定モードに移行する。
  • 日本語入力固定モードの間は、ノーマルモードから挿入モードに移行したときにIMを自動でOnする。
  • Ctrl + j キーで日本語入力固定モードを解除する。通常モードの間は、ノーマルモードから挿入モードに移行したときに、IMはOffのままとなる。

動作確認環境

  • Ubuntu12.04
  • Vim7.3

目次

  1. im_control.vimをインストール
  2. Mozcをインストール
  3. .vimrc
  4. 動作確認

im_control.vimをインストール

下記サイトより、im_control.vimをダウンロードします。
Vim/GVimで「日本語入力固定モード」を使用する – fudist

インストールは、im_control.vimをVimのランタイムパスが通ったディレクトリに配置すればOKです。

私はneobundle.vimを使用しており、下記の記事の方法でim_control.vimを有効化しています。
neobundleでpathogenと同等の機能を使用する方法

Mozcをインストール

Google日本語入力のオープンソース版である、Mozcをインストールして有効化します。デフォルトのAnthyは、日本語入力固定モードがうまく動作しませんでした。

インストールと有効化は下記の記事が参考になるかもしれません。
Ubuntu12.04にGoogle日本語入力「Mozc」をインストールする

.vimrc

.vimrcを下記の通り記述します。

" 「日本語入力固定モード」切替キー
inoremap <silent> <C-j> <C-r>=IMState('FixMode')<CR>
" PythonによるIBus制御指定
let IM_CtrlIBusPython = 1
"バッファ毎に日本語入力固定モードの状態を制御。
let g:IM_CtrlBufLocalMode = 1

ctrl + j キーで日本語入力固定モードに移行するようにしています。

動作確認

インサートモードで ctrl + j キーを押下し、ノーマルモードとインサートモードを切り替え、IMの状態を確認します。

関連記事

  1. Windows,Mac,LinuxのGVimで日本語入力固定モードを使用する
  2. Ubuntu12.04にGoogle日本語入力「Mozc」をインストールする
 ツイート 0  シェア 0  Google+1 0  Hatena 4