karakaram-blog

MacにHomebrewをインストールする

 ツイート 4  シェア 0  Google+1 1  Hatena 26

homebrew-logo

Mac OS X Mountain Lion に Homebrew をインストールしたときのメモです。Homebrew のインストール、アンインストール、パッケージの更新、Homebrew と MacPorts どちらを使うかの考察を紹介します。

動作確認環境

  • OS X Mountain Lion 10.8.2

目次

  1. Command Line Tools for Xcode をインストール
  2. Java をインストール
  3. Homebrew をインストール
  4. /usr/local/bin に PATH を通す
  5. 動作確認
  6. git をインストール
  7. Homebrew を最新版に更新
  8. Homebrew の使い方は?
  9. Homebrew でインストールしたパッケージを更新する
  10. Homebrew をアンインストール
  11. Homebrew と MacPorts どちらを使うか

Command Line Tools for Xcode をインストール

Homebrew のインストールの前に、動作環境を整えます。

Homebrew を使用するにはコンパイラが必要です。Command Line Toods for Xcode をインストールしてコンパイルできるようにします。

Xcode は、アップルのサイトからダウンロードします。AppleID が必要です。
https://developer.apple.com/downloads/index.action

ログインしたら、Command Line Toods for Xcode (OS X Mountain Lion) 用のリンクを探し、最新版をダウンロードします。
xcode-command-line-tool

インストーラの選択はすべてデフォルトで OK です。

Java をインストール

Homebrew で管理するパッケージには Java が必要なものがあります。必要になったら入れればいいと思います。

Java をインストールするには、ターミナルで以下のコマンドを入力します。

$ java -version

Java がインストールされていなけれは、自動的に Java のインストーラが立ち上がります。「インストール」ボタンをクリックして、ウィザードに従えばインストールが完了します。

java-install

コマンドを入力してバージョン情報が表示された場合、Java はインストール済みです。次の手順に進んでください。

Homebrew をインストール

ここまでは事前準備です。いよいよ Homebrew をインストールします。

本家サイトの一番下に書かれているコマンドをコピーしてターミナルで実行します。
http://brew.sh/

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/mxcl/homebrew/go)"

インストールの途中で「Press ENTER to continue or any other key to abort」 と表示されたら enter キーを押下します。

「To proceed, enter your password」 と表示されたらログインしているユーザーのパスワードを入力します。

/usr/local/bin に PATH を通す

Homebrew でインストールしたパッケージは、/usr/local/bin に実行ファイルが置かれます。brew コマンドもここに置かれます。PATH を通しておくと便利です。

PATH=/usr/local/bin:$PATH
export PATH

動作確認

インストール後に「You should run `brew doctor’ *before* you install anything.」 と表示されます。そのとおりに実行してみます。

$ brew doctor

「Your system is raring to brew.」 と出力されたら動作確認 OK です。

brew doctor は、Homebrew に異常がないか検査するコマンドです。Homebrew で何かインストールする前に実行する癖をつけておくと良いです。

git をインストール

Homebrew 自体は github で管理されていて、本体の更新には git が必要です。git をインストールしておきます。

$ brew install git

Homebrew を最新版に更新

brew update コマンドを実行して Homebrew を最新の情報に更新します。

$ brew update

更新が終わったら再び brew doctor で問題ないか確認しましょう。

Homebrew の使い方は?

Homebrew の使い方に迷ったら brew help か man brew コマンドを実行してヘルプを確認します。大抵のことは、これらのコマンドで何とかなります。

$ brew help
$ man brew

Homebrew でインストールしたパッケージを更新する

Homebrew でインストールしたパッケージは、どんどんバージョンが上がっていきます。定期的に更新しましょう。

Homebrew 自体を更新する

Homebrew 本体を最新版に更新します。

$ brew update

Formulae (パッケージ)の更新を確認

パッケージの更新を確認します。

$ brew outdated

freetype (2.4.10 < 2.4.11)
gettext (0.18.1.1 < 0.18.2)
git (1.8.0.2 < 1.8.1.5)
mysql (5.5.28 < 5.6.10)
openssl (1.0.1c < 1.0.1e)
php54 (5.4.9 < 5.4.11)
php54-intl (5.4.9 < 5.4.11)

Formula 更新する

1つずつ更新する場合は以下のコマンドで。

$ brew upgrade freetype

まとめて更新する場合は以下のコマンドで。

$ brew upgrade

Homebrew をアンインストール

Homebrew のアンインストール方法も紹介しておきます。
Uninstall Homebrew

$ cd `brew --prefix`
$ rm -rf Cellar
$ brew prune
$ rm `git ls-files`
$ rmdir Library/Homebrew Library/Aliases Library/Formula Library/Contributions
$ rm -rf .git
$ rm -rf ~/Library/Caches/Homebrew

Homebrew と MacPorts どちらを使うか

Homebrew か MacPorts どちらを使用するか。私の考えは「利用者の多い Homebrew を選んだほうがよい」です。

これまで MacPorts を使用していた私は、新しい MacBook Air に買い換えたときにどちらを使用するかとても悩みました。MacPorts の動作は安定していましたし、私がシステム開発で使用したいパッケージはすべて MacPorts で手に入りました。よく言われるビルドの所要時間もそれほど気になりませんでした。

Mac 歴の長い尊敬するエンジニアにも相談してみて、悩んだ結果 Homebrew を選びました。私の周りで利用者が多く、情報が仕入れやすいことが決め手になりました。新しい環境も試してみたかったというのも理由のひとつです。

今のところ、必要なパッケージがなくて困ったことはありませんし、パッケージの更新も早く、非公式の野良リポジトリが多くて面白いです。しばらく MacPorts に戻ることはなさそうです。

おわりに

以上、Homebrew のインストール方法を紹介しました。次回は Homebrew で PHP をインストールする方法を紹介します。

参考サイト
github Homebrew Installation.md

 ツイート 4  シェア 0  Google+1 1  Hatena 26