karakaram-blog

MacVim-KaoriYaにPowerlineを導入した

 ツイート 1  シェア 0  Google+1 0  Hatena 1

Vim Powerline

3 年ぶりに MacBook を新調して、いつものように MacVim-Kaoriya 版をセットアップしたところ Powerline が動かない。原因を調べに配布元にアクセスして、だいぶ前に Powerline がガッツリ変わったことを知りました。以前のように Vim にプラグインを入れておしまい、という形ではなくなった様子。

備忘録として MacVim-KaoriYa 版とターミナルの Vim で Powerline を有効化した手順を残しておきます。

動作確認環境

  • Mac OS X El Capitan
  • MacVim-KaoriYa 20151117

目次

  1. Python をインストール
  2. pip で Powerline をインストール
  3. Powerline フォントをインストール
  4. .vimrc を編集
  5. ターミナル版 Vim で動かすには
  6. 3 日後には lightline.vim に乗り換え

Python をインストール

公式ドキュメントを参考に Python をインストールします。
Powerline Docs — Installation — Installation on OS X

Python は Homebrew でインストールしましたが、ひょっとすると Mac にデフォルトで入っている Python でも大丈夫かもしれません。

$ brew install python

Python のバージョンは 2.7.10 でした。

$ python -V

Python 2.7.10

pip で Powerline をインストール

先ほどの公式ドキュメントの続きで、Powerline を pip でインストールします。

$ pip install --user powerline-status

私の環境では ~/Library/Python/2.7/lib/python/site-packages/ にインストールされました。

アンインストールは以下コマンドで

$ pip uninstall powerline-status

Powerline フォントをインストール

powerline/fonts から、Powerline 対応のフォントをインストールします。

$ git clone https://github.com/powerline/fonts.git

私は SourceCodePro をインストールしました。

.vimrc を編集

.vimrc は公式ドキュメントを参考に。
Powerline Docs — Usage — Other plugins — Vim statusline

私の .vimrc の Powerline 設定はこんな感じ。プラグインの管理には NeoBundle を使っています。

NeoBundle 'https://github.com/powerline/powerline.git', { 'rtp' : 'powerline/bindings/vim'}

set laststatus=2
set showtabline=2
set noshowmode

.gvimrc でフォントを指定しています。

if has('macunix')
  set guifont=SauceCodePowerline-Regular:h14
  set antialias
else

.gvimrc に設定する guifont は Font Book アプリケーションの「PostScript 名」を指定します。

Font Book Powerline Font

PostScript 名が出てこない場合は左上の i アイコンをクリックしてください。

ターミナル版 Vim で動かすには

Mac 標準の Vim ではダメらしいので、ターミナルでは MacVim-KaoriYa に付属している Vim を使うようにしています。

.bashrc でエイリアスを設定。MacVim.app の場所は適宜書き換えてください。

alias vim='env LANG=ja_JP.UTF-8 /Applications/MacVim.app/Contents/MacOS/Vim "$@"'
alias vimdiff='env LANG=ja_JP.UTF-8 /Applications/MacVim.app/Contents/MacOS/vimdiff "$@"'
alias view='env LANG=ja_JP.UTF-8 /Applications/MacVim.app/Contents/MacOS/view "$@"'

あとはターミナルで使用するフォントを Powerline 対応のものにすれば OK です。

3 日後には lightline.vim に乗り換え

それなりに苦労して Powerline を有効にしたのにもかかわらず、Windows の GVim 香り屋版で Powerline を動かすことができなくて(Python を使えるようにコンパイルされてない?)、itchyny/lightline.vim に乗り換えてしまいました。こちらはプラグインをインストールするだけでよく導入が簡単で、Windows でも動きます。見た目も Powerline とほとんど一緒。

Vim だけでライトに Powerline っぽい見た目を楽しみたい方は lightline.vim がおすすめです。

 ツイート 1  シェア 0  Google+1 0  Hatena 1