karakaram-blog

Fluentd + Elasticsearch5 + Kibana5構築(3) Kibana設定編

 ツイート 1  シェア 0  Google+1 0  Hatena 4

Kibanaセットアップ

ログ可視化ツールの 3 点セット、Fluentd + Elasticsearch5 + Kibana5 を試すメモ 3 回目。前回は Fluentd で Apache のログを収集して Elasticsearch に登録するところまでやりました。今回は Kibana から Elasticsearch のデータを参照するところをやります。Kibana の SSL 化も行います。

Vagrantfile や Ansible Playbook は Fluentd + Elasticsearch5 + Kibana5構築(1) インストール編 を確認してください。

目次

  1. デフォルトインデックスを登録する
  2. Apache ログのインデックスを登録する
  3. Apache ログを Kibana から閲覧する
  4. Kibana へのアクセスを SSL にする

デフォルトインデックスを登録する

ホストマシンのブラウザからKibanaにアクセスします。
http://192.168.33.13:5601/

Kibana5初期表示

Elasticsearch のインデックス入力して、という画面が表示されるので、以下のように入力します。

  1. 「Index contains time-based events」のチェックをはずす
  2. 「.kibana」(Elasticsearc デフォルトインデックス) と入力
  3. 「Create」ボタンを押す

Kibanaデフォルトインデックス登録

Apache ログのインデックスを登録する

左上メニュー > Management > Index Patterns > 「Add New」ボタンをクリックします。

Kibana5にインデックス追加

以下のように入力します。

  1. 「Index name or pattern」に「apache-access-*」と入力
  2. 「Create」ボタンをクリック

KibanaにApacheのインデックスを追加

Apache ログを Kibana から閲覧する

左上メニュー > Discover をクリックします。

.kibana の横の矢印をクリックすると、さきほど登録した apache-access-* が表示されるのでクリックします。

Kibana5のDiscoverからApacheアクセスログを展開

「No results found」となってしまう場合は、おそらく期間指定が「Last 15 minutes」となっていて、範囲内にデータがないからだと思います。

No results foundと出てしまう場合

右上の「Last 15 minutes」をクリックして期間を変更。とりあえず「Today」にしてみます。

期間をTodayに変更

こんな感じにログが出たら成功。

Kibanaでログ表示

Kibana へのアクセスを SSL にする

Using Kibana in a Production Environment | Kibana User Guide を参考に Kibana を SSL 化します。

オレオレSSL証明書(自己署名証明書)を作るワンライナー の手順でオレオレ SSL 証明書を作成します。

作成された server.keyserver.crt/etc/kibana/ ディレクトリに移動します。

$ mv server.key /etc/kibana/
$ mv server.crt /etc/kibana/

/etc/kibana/kibana.yml を編集し、証明書のパスを設定します。

server.ssl.key: /etc/kibana/server.key
server.ssl.cert: /etc/kibana/server.crt

Kibana を再起動します。

$ systemctl restart kibana.service

ホストマシンのブラウザから https://192.168.33.13 にアクセスして、これまで通り画面が表示されれば OK です。

次回は Elasticsearch のログ削除をやります。

 ツイート 1  シェア 0  Google+1 0  Hatena 4