karakaram-blog

iPad mini2をより軽く使いたい方にオススメな軽量ケース

 ツイート 0  シェア 0  Google+1 0  Hatena 0

エアージャケットとスリップインケース

初めて手に取った時は驚くほど軽かった iPad mini2。手帳タイプのケースに入れていましたが、重さが気になるようになってきました。特に通勤電車で立ったまま 30 分くらい利用しているとジワジワ重さを感じます。軽さがウリの iPad mini2 なのに、なんだかもったいない。

軽さを求めていくつかのケースを試した結果「パワーサポートのエアージャケット」と「ナカバヤシのスリップインケース」の組み合わせに落ち着いたのでご紹介したいと思います。この記事は iPad mini2 のレビューですが、iPad mini3 でも使えます。iPad mini2 / iPad mini3 が「重い」と感じている方は参考にしてみてください。

目次

  1. 軽さを求めるならクリアケースとスリップインケースの組み合わせが良い
  2. エアージャケットの重さは 40g
  3. エアージャケットは背面から側面をしっかりガード
  4. 付属の液晶保護シートは光沢のあるグレアタイプ
  5. スリップインケースはほどよく硬く、逆さにしてもずり落ちない

軽さを求めるならクリアケースとスリップインケースの組み合わせが良い

軽さを求めた結果「パワーサポートのエアージャケット」と「ナカバヤシのスリップインケース」の組み合わせに落ち着きました。普段 iPad を使う時の保護はエアージャケットのみにして軽さを優先、カバンに入れている時はスリップインケースでガッチリ保護します。

エアージャケットの重さは 40g

エアージャケットの重さは 40g。驚くほど軽いわけではありませんが、軽さと防御力と見た目のバランスが気に入っています。

エアージャケットの重さは40g

エアージャケットは背面から側面をしっかりガード

エアージャケットは iPad の背面から側面をしっかり保護します。不慮の落下の時にも安心です。背面はそこそこグリップが効き、裸の時より滑りにくくなります。

エアージャケット側面

スピーカーの穴の位置がほとんど合っていていて感動。

エアージャケット底面

付属の液晶保護シートは光沢のあるグレアタイプ

付属の液晶保護シートは光沢のあるグレアタイプ。指すべりが良くなく指紋が目立ちますが、色鮮やかでとってもキレイ。個人的には指すべりのよいアンチグレアタイプの方が好み。

シートのサイズは結構ギリギリで、貼る難易度は高め。事前に説明書と日本一の保護フィルム王にiPad用を貼ってもらったが、たいしたことなかった をよく読んでおきましょう。最初の位置合わせさえうまくいけば、あとはセロテープでホコリを取っていくだけ。位置合わせに全神経を集中させ、頑張ってください。

スリップインケースはほどよく硬く、逆さにしてもずり落ちない

スリップインケース逆さま

スリップインケースはほどよく硬く、衝撃から守ってくれそうです。iPad mini2 全体がすっぽり収まり、カバンの中に放り込んでも安心です。

ケースの内部はすべり止め素材を使っているようで、逆さにしても落ちません。すべり止めが効きすぎて取り出しづらいことがあるので、そこだけ不満です。使い込んでいくことでいい感じに馴染んでくれることを期待しています。

まとめ

  1. 軽さを求めた結果「パワーサポートのエアージャケット」と「ナカバヤシのスリップインケース」の組み合わせに落ち着いた
  2. エアージャケットの背面はそこそこグリップが効き、裸の時より滑りにくい
  3. 付属のシートは光沢のあるグレアタイプ。サイズは結構ギリギリで、貼る難易度は高め
  4. スリップインケースはほどよく硬く、逆さにしてもずり落ちないが、取り出しづらいと感じることも

ケースをパワーサポートのエアージャケットに変えてからは、長時間持っていても苦にならなくなりました。カバンの中に入れるときもスリップインケースに包まれているので安心です。手帳タイプのケースはガッチリ守られている安心感とカバー開閉によるスリープ操作が便利ですが、いかんせん重い。手帳タイプのケースを使っていて iPad mini2 が重いと感じる方は参考にしてみてください。

 ツイート 0  シェア 0  Google+1 0  Hatena 0